本から学ぶ不動産に関わる税金の問題

不動産の売買をするときには必ず税金が発生しますが、不動産取得税や譲渡税、印紙税や消費税などは国に対して納めるものになっています。税額は売買価格によって決まるものがほとんどであり、大きな取引をするほど高い税金を納めなければなりません。その情報収集を行ってどの程度の予算を確保する必要があるかを考えたり、節税の方法を確認したりするのにインターネットがよく用いられるようになりました。しかし、一般的な事項については情報が豊富であるものの、あまりケースが多くはない事例についてはそれほど情報が流通していません。このときに役立つのが本であり、不動産の売買に関わる手引などの本を参考にしてみると税金の問題について細かなケースにまで対応できる知識を付けることが可能です。

マンションなどの不動産を外国人に売却することはできますか?というのは不動産の売却を考えている人が抱くことのある疑問です。外国人に売却するというケースが発生することはそれほど一般的ではない影響もあり、具体的な事例を調べることは難しくなりがちです。しかし、本を探してみると外国人との取引に関する説明も記載されているものが見つかります。基本的には外国人の国籍や居住者か非居住者かといった点にかかわらず、不動産を外国人に売却することは可能です。

外国人に売却するケースで問題になりやすいのが税金の扱いです。国内で国の資産である土地や住宅を売買するときには国に税金を納めなければならないのが原則であり、特例は特に定められてはいません。日常的に消費税を払っているのと同様に不動産取得税や印紙税などの支払いが必要になり、その後も固定資産税や都市計画税を納めなければならなくなります。関連する書物を紐解いてみると、これについて説明して理解を促すのに苦労しやすいということもわかります。特に非居住者の場合には取得の際にダブルで税金を納めなければならなくなるケースもあり、税制についての大枠まで説明しなければならなくなることも少なくありません。そのようなときに本が一冊手元にあるだけで事例を示しながら説明できるようになるため、売買をするときにトラブルが発生しにくくなります。このような形で細かなケースに対応するときには本があると役に立つのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です