不動産を手に入れたときの税金の計算と築年数

不動産を売却したときにはその売却価格に応じて税金を納めなければならなくなります。ケースによっては大きな金額になるのが譲渡所得税であり、課税譲渡所得に対して税率をかけることにより計算することが可能です。譲渡所得の計算は購入当初の書類が手元にあればそれほど難しいものではありません。売却金額から購入金額と購入に際して必要とした諸費用を差し引き、売却のときにかかった諸費用についても引き去るのが基本だからです。ここからさらに建物については減価償却費も考慮する必要があります。購入にかかった費用分からは減価償却費を差し引く必要があるので注意が必要でしょう。もし計算が難しいというときには概算法を用いることもできます。この場合には購入にかかった費用は売却価格の5%として計算できるので簡単です。

税金を少なくするために大切なのが建物の築年数を考慮して売却のタイミングを考えることです。減価償却費を考えると減価償却を消化してしまわない方が譲渡所得を減らすことができるので早く売った方が良いと言うことができます。一方、税率については長期譲渡所得か短期譲渡所得かによって異なるので不動産の所有期間が五年を超えるか五年以下かで税額が変化するのです。短期譲渡所得の場合には二倍近い税率になるため、五年間は所有数rという形を取っていた方が良いと考えることができます。ただし、譲渡所得は居住用であれば3000万円の特別控除を受けられる可能性があるので、それが適用できて譲渡所得がなくなる場合には五年以内に売っても何も問題はありません。

一方、不動産の売却価格について考えると売却のタイミングは早い方が良いのは確かです。一戸建てやマンションの築年数と査定価格との関係については基本的なルールがあり、年々査定価格は低下していくことになります。特に10年以上経過すると影響が大きいことから、もし新築で手に入れて数年後に売りたいと考えたのなら、築年数が10年になってしまう前にできるだけ早く売った方が高く売れるでしょう。税率との兼ね合いを考えると5年経過した時点が利益を最大化できる可能性があります。このタイミングを逃さないようにすることが税金を最小限にしつつ売却価格も高くできる方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です