不動産による資産運用と税金と

資産運用の中でも人気となっているのが、購入した物件を貸し出し、家賃収入を得るという投資法です。
物件を購入し、借り手が見つかれば自動的に家賃収入が発生する事になる為、日中は仕事をしている人でも始めやすい投資法として人気となっています。
ただ、始めるにあたり、税金が気になるという人も多いでしょう。
不動産を購入する時には不動産取得税や登録免許税が発生する他、物件を所持していれば、毎年、固定資産税が必要となります。
そして、家賃収入には所得税が発生します。
家賃収入に対して発生する所得税は、家賃収入以外の所得と合計し、そこから税率を計算していく事になります。
サラリーマンの副業として始める場合、本業での収入が多く、家賃収入も多い状態となれば、税率は高めとなります。
それに対して、本業の収入も家賃収入も少なければ、税率は低くなります。
税率が高くなれば、投資をする意味が無いと考える人もいますが、家賃収入の全額が所得税に消えていく訳ではありません。
ですから、家賃収入が入れば、それだけ利益に繋がっていきます。
更に、家賃収入からは必要経費を差し引く事が出来るようになっています。
必要経費の中には、毎年かかる固定資産税も含まれます。
更に、管理費や修繕積立金、修繕費等も必要経費として差し引いていく事が出来ます。
更に、投資を始める時には、ローンで物件を購入したいと考える人も多いでしょう。
このローンのうち、利息分に関しては、経費として計算をする事が出来ます。
経費として差し引くことが出来るものは意外と多く、最終的に課税対象となる不動産所得は、それ程、多くないという状態になる事も少なくありません。
課税対象になる所得が少なければ、税金も少なくて済む事になります。
こうした所得税の計算や申告は難しくて大変と考える人もいるでしょう。
その場合は、税理士に頼むという事が有効です。
税理士に申告を依頼すれば、その為の費用が発生しますが、それもまた経費として差し引く事が出来るようになっています。
そして、税理士に依頼をしておけば、経費で差し引けるもの、差し引けないものをしっかりと説明して貰う事が出来ます。
それによって、賢く申告をする事が出来るようになります。
資産運用の中でも人気となっているのが、不動産投資です。
始めた後は、所得に応じて税金の支払いが必要になってきます。
ただ、必要経費をしっかりと計上すれば、節税をしていく事が出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です