不動産売買の税金対策と費用の削減

不動産の売買を行うときには税金を納めなければならなくなります。不必要なものがあればできるだけ払わないように心がけるのが費用を削減するのに大切であり、万全の税金対策をして売買に臨むことが望ましいでしょう。しかし、大半の税金に関しては売買を行う以上は納めることが不可欠なものになっています。それでもなお節約しようと考えたらよく勉強することが必要です。

税金対策の基本となるのは減税や控除の活用であり、不動産取得税や譲渡税に関する特例を一通り確認しておくことは大切です。マイホームの購入や売却に関しては特例が適用できる場合が多いものの、自分から申請しなければ適用できない場合も多くなっています。書類の準備や税額の計算に苦労することもよくあるので、売買契約をする前に予め試算しておくのが望ましいでしょう。また、不要だと考えられるものを排除することで税金対策を行うこともできます。例えば不動産を売却するときの売買契約書はもう必要ないと考えることができるでしょう。そこに貼付するはずの印紙を購入せず、買い主の売買契約書のコピーをもらうという形にすると税金対策にできます。一方、売買をする時期によっても税額が変動することがあり、売却の際に不動産の所有期間が5年以上あるいは10年以上となっていると軽減税率や控除が適用できたり、買い替えをするときには税額を減らせたりすることがあるので税金対策には取引のタイミングもよく考える必要があるでしょう。

しっかりとした準備をしなうちに売買契約をしてしまって税額が大きくなってしまうという場合もあります。不動産会社は概してセールスに熱心で、すぐに契約をして引き渡しにこぎ着けようと考えていることが多いからです。しかし、自分から進んで売買契約を締結したという場合でなければキャンセルできる可能性もあります。不動産売買にもクーリングオフがあるって本当ですか?という話はよくあるものですが、条件を満たせば契約をした日を含めて八日間はクーリングオフを適用することが可能です。気をつけておきたいのは店舗外での取引に限るという点であり、訪問販売による締結といった形を想定しています。喫茶店などで取引をしたという場合も同様であり、このようなケースで失敗したと感じたらクーリングオフを活用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です